【4ステップで時間短縮!】イラストを早く描くコツ

000_20121129232715.jpg


絵を描く速さは人それぞれですが
「絵を仕上げるのにものすごく時間をかけてしまう」
という悩みを抱えている人は多いようです

今回は、イラストを早く完成させるためのコツを
4つのステップでまとめた、もしょさんによる講座
「私なりの早く描くコツまとめてみました。」
をご紹介します。




(以下簡易まとめ



0.ステップを踏む前に

◯イメージを脳内で作る

001_20121129232816.jpg

全体の雰囲気や色、何をどこに置きたいのか
イメージを脳内で作れるようにざざっとラフを描く



◯色の意識

002_20121129234229.jpg

自分自身が今思い描く「描いていて楽しそうだな!」
と思えるものを妄想して、色や流れ、雰囲気を決める



◯キャラクターの設定

003_20121129235540.jpg

絵に使うキャラの背格好や小物、大きさなど
要素を全て書き出す

より細ければ細かいほどイメージしやすくなるので
構図の思いつきやすさに繋がる



◯資料は脳内変換してから使う

資料はそのまま描くのではなく
「自分の中でいったん置いて、自分用に変換されたイメージ」
で描くようにするとよい



1.自分の中のイメージを重視する

◯全て収めようと努力してみる

004_20121130001005.jpg

こうしたい、ああしたいといったわがままを
構図に全て収める努力をしてみる



◯描きたいものから描く

描きたいもの、決まっているものから
どんどん描いていく



2.納期を決める

005_20121130001729.jpg

今まで描いてきた自分の絵の時間を目安に
実際の仕上がり時間の2倍程度の納期にするとよい



3.要らない箇所はしっかり省き、全体の流れを大切にする

006_20121130002613.jpg


「描きたくない」と思ったところは潔く妥協して
そのスペースを使って絵を華やかにすることができる



4.妥協する場所、しない場所

◯自信を持って描く努力をする

自分自身が絵を見るときどこをどう見たかを思い描き
注意深く分析すると自分の趣向や視線の順番が分かる

そうすることで分かった自分自身が「すごく好きだ!」
と思えるようなラインを重視し、正しいかどうかなどは
あまり気にせずに描く



◯妥協しちゃいけない場所

007_20121130005310.jpg

「作品の中では使われていないけれど、大切な所」
というのが妥協してはいけない場所
こういった場所はしっかり描く方が時間の短縮に繋がる

構成やキャラのラフは特に線画でそのまま使えるくらいに
描き込む方が、より早く綺麗に仕上がる



◯妥協すべき場所

・目立つ部分がどこなのかを意識
キャラの瞳から始まって園周辺になるにつれて
こまかく描き込んでもあまり目立たない部分になるので
それを目安に時間をかける場所を調節する



・概念にとらわれ過ぎない
「一般的にこういわれているからこうしなくてはいけない」
といった思い込みを捨て去り、概念にとらわれず
いろんな思いつきを実行し、自分だけの技法を編み出す
くらいの気持ちで描く



◯背景から描くほうが綺麗に仕上がる

背景から描いていくと、雰囲気が壊れにくくなり
光の演出や白い空間など塗る必要の無い場所などについても
意識しやすくなるため綺麗に仕上がり、悩む時間も短縮される


--


以上、簡単にまとめてみましたがソース講座では
各項目についての丁寧に説明や、絵を楽しんで描くための
意識についても詳しく書かれています。

興味のある方は是非そちらも
参照してみるとよいでしょう。


また、必ずしも早く描ければ良い
というものではありませんが
一つの絵にあまり時間をかけすぎると
どんな絵にしたかったのか忘れてしまったり
描こうと決めた当初のやる気は時間が立つほど
保つのが難しくなってしまいます。

「なかなか上達しない」
「完成させることがあまりできていない」
という方は、『早く描くこと』を意識みては
いかがでしょうか


おすすめ関連記事:




関連記事

この記事へのコメント:

優奈 : 2013/03/11 (月) 17:33:01

勉強になります!

あい : 2013/11/08 (金) 13:27:46

省略するところをきめたら
描くのが楽になりました
とても参考になりました

管理人のみ通知 :

トラックバック: