ひし形物体を使って筋肉的なアタリをとる方法

00_20120720060632.jpg


「大まかなポーズ」「関節の位置」「パーツごとの長さの目安」
アタリを取る際には大体この3点を押さえるのが一般的かと思いますが

もう一歩踏み込んで、筋肉っぽさや人体らしい凹凸の目安を
意識できるようになると、シルエットの美しさを大きく改善できるようです。

今回はこの人体らしく見せるためのアタリのとり方を
祐佑さんの「お手軽 足とか講座」よりご紹介します。




(以下ダイジェスト



「全体的にみてみるとなんか変」「それっぽく見えない」原因は
アタリを全体的なバランスやシルエットでとっているため

01_20120720071524.jpg

ひし形のパーツでアタリを取る方法
02_20120720072039.jpg
03_20120720072519.jpg

ひし形物体でとった足のアタリ
04_20120720073250.jpg

大体どの方向から見てもひし形物体と凹凸の大小が合っている


ちびキャラ
05_20120720073922.jpg

ひし形アタリで描く手順
06_20120720074406.jpg

足先のポイント
07_20120720074643.jpg

BOX・丸・ひし形アタリの比較
08_20120720075232.jpg

まとめ
09_20120720075836.jpg







おすすめ関連記事:





著者プロフィール
ふぉくすけ

学生時代、本気でお絵描きで食べていこうと奔走するが
挫折と迷走を繰り返す。

結局グラフィッカー就職を断念し
Web系企業にプログラマーとして数年間勤務。

通勤と労働に追われる日々の中で
会社に拘束されて生きることの違和感に気付く。

その後、企業を通じて培った
知識とノウハウを全てつぎ込み
情報発信者として生きることを選択。

本気でお絵描きに取り組み感じた
挫折と迷走、コンプレックスから、

現在は心理的、物理的、あらゆる手段から
「挫折の回避」を意識した情報の発信と

お絵描きで悩みを抱える人に向けた
コンサルティングをメインに活動中

詳しいプロフィールはこちら

現在キャンペーン期間中にて
「お絵描きで自由を手に入れるための特別講座」
を無料配布中

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: