【漫画技法】見やすいコマにするための13の工夫

000_20120615175756.jpg


漫画ではセリフを入れる際にフキダシを使いますが
なんとなく空いたスペースに入れる、というわけではなく
読者に伝わりやすくするための沢山の工夫があるようです。

今回ご紹介するイヅルさんの「漫画のコマとフキダシ」では、そういった
フキダシやコマの使い方の具体例が分かりやすく説明されています。




(以下ダイジェスト


1.セリフは内ワクに収める

001_20120615182146.jpg




2.浮かしのフキダシは見せ場に使う

002_20120615182353.jpg



3.視線誘導を意識する

004_20120615182816.jpg



4.フキダシの無いコマの役割

0041.jpg

006_20120615183606.jpg



5.フキダシで位置関係を演出する

007_20120615183944.jpg



6.対話している際の方向など

008_20120615184418.jpg
009_20120615184422.jpg



7.斜めの構図はここぞというときに

010_20120615185203.jpg
011_20120615185220.jpg



8.フキダシはパースに合わせるとよい

012_20120615185452.jpg



9.縦長のコマは上下が抜けるコマの演出につかうと有効

013_20120615185543.jpg



10.必要な情報は隠さない

014_20120615185658.jpg



11.無駄なコマは思い切って削る

015_20120615185904.jpg



12.絵や情報は必要なものに絞る

016_20120615190030.jpg



13.しゃべっているのが誰か分かるフキダシ

017_20120615190253.jpg

018_20120615190402.jpg


フキダシ一つとってもこれだけの表現があることにビックリしますね

キャラクターから背景の小物一つに至るまで「もっとこだわれる部分」を
どんどん見つけていくというのも上達につながる一つの近道かもしれません


著者プロフィール
ふぉくすけ

学生時代、本気でお絵描きで食べていこうと奔走するが
挫折と迷走を繰り返す。

結局グラフィッカー就職を断念し
Web系企業にプログラマーとして数年間勤務。

通勤と労働に追われる日々の中で
会社に拘束されて生きることの違和感に気付く。

その後、企業を通じて培った
知識とノウハウを全てつぎ込み
情報発信者として生きることを選択。

本気でお絵描きに取り組み感じた
挫折と迷走、コンプレックスから、

現在は心理的、物理的、あらゆる手段から
「挫折の回避」を意識した情報の発信と

お絵描きで悩みを抱える人に向けた
コンサルティングをメインに活動中

詳しいプロフィールはこちら

現在キャンペーン期間中にて
「お絵描きで自由を手に入れるための特別講座」
を無料配布中

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>まとめtyaiました【【漫画技法】見やすいコマにするための13の工夫】 from まとめwoネタ速neo
漫画ではセリフを入れる際にフキダシを使いますがなんとなく空いたスペースに入れる、というわけではなく読者に伝わりやすくするための沢山の工夫があるようです。今回ご紹介するイ... >>READ