キャラクターを背景に馴染ませる方法

000_20120609022314.jpg


今回はキャラクターと背景を馴染ませ、絵全体を自然に見せることができる塗り方
sayappaさんの「アニメ塗りで背景と簡単に色を合わせる」についてご紹介します。



(以下手順、考察など



手順

 1.マスクを作ってキャラと背景を分ける
  線画レイヤーの下にレイヤーを作り、キャラクターの範囲のみ塗り潰す
  001_20120609125848.jpg

 2.環境光で塗りつぶす
  その上にレイヤーを作成し、背景の暗さをイメージした明度のグレーで
  全体を塗りつぶす。
  002_20120609130055.jpg

 3.乗算でキャラを彩色
  その上にキャラクターの各パーツごとのレイヤーを作り
  レイヤーモード「乗算」にして下地の色を彩色する。
  その際、背景の明度のイメージをできるだけ保つようする。
  003_20120609130229.jpg

4.「覆い焼きリニア」でライティングを施す
  Photoshopならレイヤーモード「覆い焼きリニア」、SAIなら「発光」
  でそれぞれ光になる部分を塗る。基本的に下の色が合成されるので白でも色味が付くが
  光自体の色味を追加してもよい(太陽なら若干黄色を入れるなど)
  005_20120609130752.jpg

 5.背景を描画
  グレースケールのイメージで背景を描き込む
  またはあらかじめ描いておいたものを読み込む
 (背景を読み込む際にはグレースケールの上にレイヤーモード「乗算」で
  合成すると、そのイメージに近い明度になる)

 6.マスク部分を環境光で塗りつぶす
  作っておいたキャラクターマスクのレイヤーをCtrl+クリックすることで
  選択範囲を呼び出し、馴染ませたい色を背景からスポイトしてマスクを塗りつぶす
  006_20120609180746.jpg

 7.撮影処理をする
  ディフュージョンフィルタグロー効果などを使い
  キャラクターがその世界にいるかのように演出する
  000_20120609022314.jpg

  最終的なレイヤー構成は以下の通り
007_20120609191550.jpg

ポイント
 ◯キャラクター全体の明度や色味=キャラクターマスク
  背景色をスポイトして塗りつぶしたキャラクターマスクが環境光の役割をしている。
  これを調節することで、キャラ全体の明るさや色味を調整することができる。

 ◯キャラクターに当たる光の明度や色味=ライティング
  ライティングレイヤーを調整することで、キャラに当たる光の明るさや
  色味を調整することができる。キャラクターマスクの影響を受けるので
  無理に色を付けなくてもOK


考察
 前々回で、イラストによく使われるレイヤーモードについてご紹介しましたが
 この方法ではレイヤーモード「乗算」と「覆い焼きリニア」を使うことで
 3Dレンダリングのような塗りを実現しています。

 乗算について
  「乗算」モードでキャラクターの下地を彩色するため、環境光以上の
  明度になることを抑え、かつ環境光の色味を合成できるようになっています。

 覆い焼きについて
  ライティングを「覆い焼きリニア」で行うことで、わざわざパーツごとに
  色を変えることなく単色のみで彩色ができ、さらに環境光の色味も合成されます。

 反射光も簡単に表現可能
  アニメ塗りのため、ディフュージョン・フィルタや、グロー効果と相性が良く、
  影の部分に反射光を表現したり、光の演出を取り入れることができます。

 レイヤー数が少ない
  「乗算」と「覆い焼き」を使っているためレイヤー数も自然と少なくなり、
  後から調整もしやすくなります。

 以上のようにメリットが多く、非常におもしろい彩色方法です。
 背景とキャラクターの統一感を出すための参考になるという意味でも
 ぜひ一度試してみるとよいでしょう。





おすすめ記事:



関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>まとめtyaiました【キャラクターを背景に馴染ませる方法】 from まとめwoネタ速neo
今回はキャラクターと背景を馴染ませ、絵全体を自然に見せることができる塗り方sayappaさんの「アニメ塗りで背景と簡単に色を合わせる」についてご紹介します。(以下手順、考察など >>READ