正方形を使ってパースに惑わされずに背景を描く方法

000_20120513152150.jpg


普段見慣れている物でも、パースがつくと伸び縮みしてしまい
イメージで描こうとすると非常に苦労するものですよね。

今回はその解決策の一つとして、正方形を使って感覚的にパースを
合わせることができるという面白い方法をご紹介します。




(以下要点まとめ)



●正方形でサイズを推測する方法

  パースで変形した形を、正方形を基準にすることで
  大まかなサイズを割り出す方法

  手順(机を使った例)

   机を上から見た図を描き
   006_20120513232928.jpg

   正方形と比較したサイズを覚えておく
   008_20120513233404.jpg

   描いた机のサイズに違和感を感じたら
   009_20120513233938.jpg

   正方形をあてはめてることで
   覚えておいたサイズとの違いに気付く
   010_20120513234035.jpg

   正方形との比率を意識して修正する
   011_20120513234300.jpg


●人体からパースを導く方法

  ・高さごとに正方形を置く
  図のように、段階的に正方形を置いていく方法。
  この一枚一枚が正方形だとイメージしておくと、
  パースを取ったり人物を背景に合わせる基準にできる
  003_20120513161842.jpg

  ・正方形のパースは人物が基準
  アイレベルと消失点を決めても、パースのかかった正方形の
  横幅と奥行きは勘で決めなければいけません。
  これついては人物を基準にすると考えやすいようです

  以下のタイルは人物に合わせておらず、正方形に見えない
  015_20120514142038.jpg
  016_20120514142046.jpg


  人物に合わせて調節した以下のタイルは正方形に見える
  017_20120514142429.jpg


●応用など
  ・正方形に納めて描く
  図のように正方形の中に収めることで、四角形以外の形にもパースを適用できる
  020.jpg

  ・机の上に物を置いてみる
  正方形のパースは机の上に物を描く際にも利用できる。
  下図は底面の正方形を基準にコップを描いている例。
  左のコップは底面のパースがくるっており、こちら側に傾いているように見える
024.jpg



このように正方形だけで色々なものの基準にすることができます。
背景に迷った時、まずはこの方法を活用してみるとよいでしょう

関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>まとめtyaiました【正方形を使ってパースに惑わされずに背景を描く方法】 from まとめwoネタ速neo
普段見慣れている物でも、パースがつくと伸び縮みしてしまいイメージで描こうとすると非常に苦労するものですよね。今回はその解決策の一つとして、正方形を使って感覚的にパースを... >>READ