ひらひらスカートを描く際のポイントまとめ


女の子を描く時につきもののスカートですが、
ひらひらさせたり、プリーツやフリルをつけたりすることで
コスチュームの可愛らしさを演出しやすい箇所でもあります。

今回はこのスカートの見栄えを良くするために
とりからさんの「ひらひらのスカートが描きたい動画」
とても参考になったのでご紹介します。







(以下参考ポイントまとめ)



◯スカートの関節を作る
  スカートを描く際には関節の部分でカクッと裾を曲げる
  「スカートの関節」を意識する  
01_20120413031354.jpg
02_20120413032400.jpg
03_20120413032407.jpg



◯下にあるものを意識して描く
  スカートの下にある関節や足を意識してシワを描くと説得力が出る
04_20120413032438.jpg
05_20120413032459.jpg



◯プリーツの向きと数は自由でOK
  プリーツの向きや数もデザインのうちなので特に決まりはない
065.jpg



◯プリーツ多めなら始点を等間隔に
  プリーツがたくさんあるスカートは、始点を等間隔に置いてから
  終点に向かう線を引くようにすると考えやすい
08_20120413035755.jpg



◯プリーツはそこまで厳密でなくてもOK
  プリーツの数や形は始点と終点で厳密に合わせなくても
  それほど違和感は出ない
09_20120413040314.jpg



◯ロングスカートは膝にも関節ができる
  ロングスカートの場合、膝にもスカートの関節ができる
   
010.jpg



◯関節を中心とした山を作るイメージ
  膝それぞれの関節を中心に山を作るように裾を描くと考えやすい
011.jpg
012.jpg
013.jpg
014.jpg



◯スカートの延長からフリルを描く
  スカートの延長をアタリにしてフリルを書いていくと
  混乱せずにフリルを描いていくことができる

015.jpg
016.jpg



写実的な感覚も大事ですが、こういった「こうすればそれっぽい」
という感覚を追求していくのも絵の醍醐味だと思います。

大雑把な部分もありますが、あまり深く考え過ぎず
のびのびと描けるようになれそうな講座ですね。







おすすめ関連記事:


著者プロフィール
ふぉくすけ

学生時代、本気でお絵描きで食べていこうと奔走するが
挫折と迷走を繰り返す。

結局グラフィッカー就職を断念し
Web系企業にプログラマーとして数年間勤務。

通勤と労働に追われる日々の中で
会社に拘束されて生きることの違和感に気付く。

その後、企業を通じて培った
知識とノウハウを全てつぎ込み
情報発信者として生きることを選択。

本気でお絵描きに取り組み感じた
挫折と迷走、コンプレックスから、

現在は心理的、物理的、あらゆる手段から
「挫折の回避」を意識した情報の発信と

お絵描きで悩みを抱える人に向けた
コンサルティングをメインに活動中

詳しいプロフィールはこちら

現在キャンペーン期間中にて
「お絵描きで自由を手に入れるための特別講座」
を無料配布中

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: