センスに頼らず配色を考える方法

00_20120313170001.jpg


以前紹介した「破綻しない色の選び方」では
彩度の統一や、明度でメリハリを出すことなどについて触れましたが
色に役割をふることで統一感を出す、という方法があるようです。

今回はMariko Yamaguchi さんの
「色彩センスのいらない配色講座」をご紹介します。



(以下ダイジェストと要点まとめ)



000.jpg
001.jpg
002.jpg
003.jpg
004.jpg
005.jpg
006.jpg
007.jpg
008.jpg
009.jpg

●手順

 1.メイン、ベース、アクセントカラーを決める

  ・メインカラー

   色をつけようとしている対象のテーマとなる色
   白抜き文字が見える程度に明度低めの色が扱いやすい

  ・ベースカラー:

   背景など、広い範囲を彩る色
   明度が高めで落ち着いた色が扱いやすい
   無彩色またはメインカラーの明度を上げたものを
   使うのが早い

  ・アクセントカラー:

   メインカラーの補色(色相環で反対側にある色)
   を使うとよい

 2.カラーごとに使う割合を調節する

  70%:ベースカラー
  25%:メインカラー
  5%:アクセントカラー
  くらいの比率で使うようにする


●その他(分割について)

  ・3色で足りない場合には、メイン、ベース
   アクセントカラーごとに分割する

  ・分割する際には、色相が同じでトーンが違う色
   またはトーンが同じで色相が違う色に分割するとよい

  ・色を増やしても、画面全体に占める
   比率は変えないようにする


ベース、メイン、アクセントカラーに当てはめるだけで
配色はぐんとしやすくなります。

色をどう置いていくか迷った時には
積極的に使っていくとよいでしょう。
著者プロフィール
ふぉくすけ

学生時代、本気でお絵描きで食べていこうと奔走するが
挫折と迷走を繰り返す。

結局グラフィッカー就職を断念し
Web系企業にプログラマーとして数年間勤務。

通勤と労働に追われる日々の中で
会社に拘束されて生きることの違和感に気付く。

その後、企業を通じて培った
知識とノウハウを全てつぎ込み
情報発信者として生きることを選択。

本気でお絵描きに取り組み感じた
挫折と迷走、コンプレックスから、

現在は心理的、物理的、あらゆる手段から
「挫折の回避」を意識した情報の発信と

お絵描きで悩みを抱える人に向けた
コンサルティングをメインに活動中

詳しいプロフィールはこちら

現在キャンペーン期間中にて
「お絵描きで自由を手に入れるための特別講座」
を無料配布中

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: