フリルを描く時のポイント

25047838_p0.jpg


ドレスなど、ひらひらした衣装の裾によく見るフリルですが
いざ描こうとすると意外と難しく、構造が把握しにくい装飾の一つです。

今回は、フリルを描く際のポイントが分かりやすくまとめてある
病人グレゴールさんの「フリル講座」についてご紹介します。



(以下ダイジェストと要点まとめ)



25047838_p2.jpg
25047838_p3.jpg
25047838_p4.jpg
25047838_p5.jpg

●手順

1.フリルの先端となる線を引く
  描こうとしているフリルの形をよく意識して
  できるだけランダムに先端の線を描く

2.シワと裏地の線を描く
  フリル生地の表と裏がどちらなのかを考えながら
  中心へ向かうシワの線と裏地の線を描く

●ポイント

 ・フリル先端の線はパターン化しない
  「Ω」形にとらわれ過ぎて同じパターンばかりにならないように
  線を描く際には、S字や8の字を意識して引くとよい

 ・端に行くほど「∩」形
  端に行くほど、フリルは「Ω」から「∩」の形になっていく

 ・やわらかいほどシワはゆるやか
  やわらかい生地のフリルほど
  中央へ向かうシワがゆるやかになる

 ・厚めのフリルはシワを少なく
  厚い生地のフリルほど「Ω」と「Ω」の間隔が広がり
  裏地も見えにくくなる


手順は短いですが、フリル先端の線だけで
生地の厚さや位置など多くの情報を持っています。

今描いているのがどんなフリルなのかをよく意識して
描いていくとよいでしょう。
著者プロフィール
ふぉくすけ

学生時代、本気でお絵描きで食べていこうと奔走するが
挫折と迷走を繰り返す。

結局グラフィッカー就職を断念し
Web系企業にプログラマーとして数年間勤務。

通勤と労働に追われる日々の中で
会社に拘束されて生きることの違和感に気付く。

その後、企業を通じて培った
知識とノウハウを全てつぎ込み
情報発信者として生きることを選択。

本気でお絵描きに取り組み感じた
挫折と迷走、コンプレックスから、

現在は心理的、物理的、あらゆる手段から
「挫折の回避」を意識した情報の発信と

お絵描きで悩みを抱える人に向けた
コンサルティングをメインに活動中

詳しいプロフィールはこちら

現在キャンペーン期間中にて
「お絵描きで自由を手に入れるための特別講座」
を無料配布中

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: