ポップな水玉模様の作り方

カラーハーフトーン01


今回は上の画像のように徐々に小さくなっていく水玉模様のような
「カラーハーフトーン」を使った効果についてご紹介します。

三日月沙羅さんの「加工に役立つフォトショップ講座」
では、このカラーハーフトーンを使った模様の作り方が
とても分かりやすく説明されています。



(以下講座より抜粋



カラーハーフトーン02

●手順まとめ

 1.適用したい場所に白黒グラデーションを作る

 2.フィルタ「カラーハーフトーン」を実行
   【フィルタ】→【ピクセレート】→【カラーハーフトーン】を実行し
   ハーフトーンスクリーンの角度をすべて45度にする

 3.チャンネルなどを使い、できた模様の選択範囲を作成

 4.好きな色で塗りつぶす
 
●特徴
 ・様々な場所に適用することができるため、とても汎用性が高い
 ・パラメータがいくつかあり、グラデーションの色なども関係するため
  拡張性がある

手順が簡単で応用がしやすいので
使い慣れると様々な場所におもしろい効果を
作ることができそうです。

また、この講座では他にもブラシのカスタムや
パターンスタンプツールなどについても分かりやすく
解説されているので、興味があればそちらも
試してみるとよいでしょう。



おすすめ関連記事:




関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: