火のついた線を簡単に作る方法

Photoshopを使うと派手な効果を
比較的簡単に演出することができます。

今回紹介するのはウェブデザインライブラリーさんより
「Photoshopで火のついた線を描く方法」です。
00.png



以下簡単な流れ(詳しくは上記ソース記事を参照して下さい)

ps_17283_04.jpg

1.パスで線を作る

2.描画色をオレンジ色にしてブラシサイズを変更

3.右クリック→パスの境界線を描く

  ソースの記事ではブラシは5pix程度と描いてありますが
  適用させる画像の解像度によって太さが変わってしまうので
  その都度サイズを調整しましょう。

4.コピースタンプツールで線を加工

  線の加工については、コピースタンプツールで適当な線上を
  スポイトして、線の流れに沿ってなぞるようにブラシを動かしていくと
  簡単に火の粉のようなものが表現できます。

ps_17283_05.jpg

  上の画像は、パスの境界線を描いた後、人で隠れる部分を消し
  コピースタンプツールで加工した上でパスまで残っている状態のため
  このように見えています。

5.レイヤー効果の設定

  レイヤー効果を以下のように適用します。

ps_17283_06.jpg

6.レイヤーのコピー

  加工したレイヤーを複製した後、上のレイヤーに対して
  以下のレイヤー効果を適用します。

ps_17283_08.jpg

あとは修正などを繰り返すことで以下のような
火のついた線を表現することができます。

ps_17283_01.jpg


線を加工するタイミングについては
境界線を描いた直後でもかまいませんが
「シャドウ(内側)」「光彩(外側)」「光彩(内側)」
を適用した後の方が雰囲気をイメージして加工しやすい
かもしれません。

また、シャドウなどの設定はアクションパレットに登録しておくと
何度でもすぐに適用できるので便利です。


設定については基本的に例の通りで大丈夫ですが、少しイメージを
変えたい場合には適宜パラメータを調整してみると良いでしょう。
著者プロフィール
ふぉくすけ

学生時代、本気でお絵描きで食べていこうと奔走するが
挫折と迷走を繰り返す。

結局グラフィッカー就職を断念し
Web系企業にプログラマーとして数年間勤務。

通勤と労働に追われる日々の中で
会社に拘束されて生きることの違和感に気付く。

その後、企業を通じて培った
知識とノウハウを全てつぎ込み
情報発信者として生きることを選択。

本気でお絵描きに取り組み感じた
挫折と迷走、コンプレックスから、

現在は心理的、物理的、あらゆる手段から
「挫折の回避」を意識した情報の発信と

お絵描きで悩みを抱える人に向けた
コンサルティングをメインに活動中

詳しいプロフィールはこちら

現在キャンペーン期間中にて
「お絵描きで自由を手に入れるための特別講座」
を無料配布中

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: